お知らせ

933392.jpg

ニュースレター特別編

そもそもどうして虫歯になるの?

 

いつもニュースレタ一をご覧いただきありがとうございます。

患者様のご出産のご報告を我が事のように喜ばしく思う今日この頃。

今回は、新しい命を育むお母さんを支える、歯科医療の現場から『そもそもどうして虫歯になるの?』をテーマにお話ししたいと思います。

赤ちゃんが将来、虫歯や歯周病になりやすくなるかどうかは周りの人・・・特にお母さんのお口の状態次第だということをご存知でしょうか?

 

ミュータンス菌(MS菌/虫歯菌)

生まれたばかりの赤ちゃんは、ほとんど無菌の状態です。

ところが、出産直後から虫歯の要因であるミュータンス菌(虫歯菌)に感染するリスクが始まります。それは、親兄弟、祖父母など、周りの人間からの感染によるものです。

特に、一緒にいる時間が一番長い人・・・。お母さんのお口の状態が赤ちゃんにコピーされる可能性が最も高くなります。

下の図をご覧ください。お母さんの抱えているミュータンス菌の量が多い程、感染の危険性が高まり、感染率58.1%と高い数値のデータが出ています。

IMG_6579.jpg

 

赤ちゃんに感染する原因としては、直接口から口や、箸、スプーンなどの共用、指など。目に見えない細菌はいつどこで感染しているか分かりません。一度口にいれたスプーンや箸などを赤ちゃんの口に入れるだけでも、感染してしまうのです。

1〜3歳頃までに口腔内の細菌の生態系、菌バランスはおおよそ完成すると言われております。幼稚園、小学校など、自分が意識できる前に実はお口の病気になりやすいかどうかが決まってしまうと言っても過言ではないのです。

 

虫歯菌の母子感染

このように、お口の病気になりやすい体質は、生まれつきではなく、後天的によるもの。お母さん自身も、自分のせいで虫歯や歯周病になりやすくなったわけではないのかもしれません。

歯周病に感染している女性の場合、早産・低体重児出産のリスクは7倍にもなります。つまり、妊娠する以前からお口の健康に気をつけているかどうかが非常に大切だということです。我が子を「なりやすい体質」にしない為には生まれる前からの口腔ケアが重要なのです。

歯の表側はきれいに見えても、歯の裏側や歯と歯の間に歯石や汚れが付着されている方は多数いらっしゃいます。

大切なことなので何度も言いますが、歯が生え始める生後6ヶ月頃から感染が始まります。この時期は「感染の窓」と呼ばれ、最も注意が必要とされています。

かけがえのない小さな家族への感染予防、そしてこれ以上感染が広まらないためにも、お母さん&お父さんはもちろん、おじいちゃん・おばあちゃんまで含めた、ご家族全員の定期的な細菌除去のメンテナンスが必要です。

 

お子さんを守るメンテナンスについて、ご興味がお有りの方は、受付またはスタッフまでお気軽にご相談ください。

トップへ戻る