ホワイトニング

boost35img.jpg

歯を自然な美しい白さにするのがホワイトニングです。

ホワイトニングを受けた方は明るい表情になられるだけでなく、普段のケアやメンテナンスにも熱心になり、結果的にお口の中の健康を守るのに役立ちます。

 

ホワイトニングの原理について

white05.jpg

過酸化尿素(Carbamide peroxide)と過酸化水素(Hydrogen peroxide)がエナメル質と象牙質など歯のあらゆる部位を通過する性質に基づいています。

これらの過酸化物が分解するときにフリーラジカルが発生します。フリーラジカルはエナメル小柱間を通過し、歯の着色の原因である色素分子の結合を切断します。歯の構造は変化しませんが歯の内部の色調が明るくなります。

フリーラジカルはあらゆる方向に動き回るので、ホワイトニング材に覆われている歯面だけでなく、歯全体が明るくなります。

エナメル質、象牙質、充填物、補綴物はホワイトニング材によってその物性への影響を受けません。

 

 white04.jpg

当院のホワイトニングでは、ホワイトニング用ジェル「ホワイントニングブースト」を使用した

【早く白くでき、効果が持続】デュアルホワイトニングをお勧めしております。

white01.jpg

デュアルホワイトニングとは、

【即効性があり、短時間で歯を白く】オフィスホワイトニング

【毎日好きな時間に、自分のペースで】ホームホワイトニング

の両方の長所が生かされたホワイトニングです。

 white02.jpg

 

ホワイントニングの進め方

 

1.口腔全体の検査

当院では、いきなりホワイトニングを行うのではなく、

お口の状態を診察した後、歯の表面の汚れや、こびりついてしまった歯石を落とすなど

口腔内環境を整えて安心安全な施術を行っております。

 

 

2.知覚過敏対策

white03.jpg

ホワイントニングブーストは、他のホワイトニング剤と比べても濃度が高いため、刺激が強く知覚過敏が起きることがまれにあるため、

ホワイトニングを行う前に、硝酸カリウム(即効性)とフッ化ナトリウム(持続性)を含んだ「知覚過敏抑制材ウルトライーズ」を使用し、知覚過敏を抑制する措置を行います。

 

 

3.オフィスホワイトニング

 

 

4.ホームホワイトニング

 

ホワイントニングの注意点

虫歯や歯周病の患者様は、治療後にホワイトニングを行います。

1回の施術である程度白くなりますが、個人差があります。

前歯の虫歯の治療にて、樹脂の詰め物をした患者様は、ホワイトニング後に天然歯との色調に差がでますので、詰めなおしが必要になることがあります。

妊娠中の方や授乳中の方、18歳未満の方(歯の成長過程にあるため)はできません。

ホワイトニング後、白さの維持のため定期的なクリーニングをおすすめしています。

 

 

invittl04.png

 

当院のスタッフが、丁寧にカウンセリングいたします。

詳しくは、ご予約の上、当院にお越しください。

 

【ネット予約】

ba0205.png

診療希望内容の「歯並びの相談」を選択し、ご予約ください。

 

【お電話】

092-611-2767

 

トップへ戻る